岩田商店おすすめ品

    ホテルの予約はお電話で!!
    0997-65-1860
    お待ちしています。
    喜界島・朝日
    朝日30度1800ml
    \2,130円
    南の島の貴婦人
    南の島の貴婦人
    44度300ml
    \2,100円
    壱乃醸
    壱乃醸 25度 720ml
    \1,750円
    飛乃流
    飛乃流 25度 720ml
    \1,650円
    陽出る國の銘酒
    陽出る國の銘酒
    2001
    44度360ml
    \3,000円
    喜界島オリジナルTシャツ
    喜界島オリジナルTシャツ
    喜界島オリジナル
    Tシャツ
    M,Lサイズ
    2,200円
    喜界島30度
    喜界島30度1800ml
    \2,070円
    由羅王
    由羅王25度1800ml
    \2,250円
    伝蔵
    伝蔵 30度 1800ml
    \2,070円
    せいら 金・銀
    せいら 金・銀セット
    \2,230円
    奄美のしずく原液
    奄美のしずく
    原液 900ml
    \12,800円
    奄美のしずく
    奄美のしずく
    1本 100ml
    \300円
    喜界島・新糖
    岩田商店黒砂糖新糖
    \350円
    喜界島・生ざらめ
    岩田商店ザラメ 500g
    \188円
    島バナナ
    無農薬完熟
    島バナナまるごと
    \4,500円

    1kg 約900円
    濃縮マンゴー
    奄美生搾り
    濃縮タイプ
    マンゴー
    MANGO
    \1,050円
    濃縮たんかん
    奄美生搾り
    濃縮タイプ
    タンカン
    TANKAN
    \1,050円
    生ゴマ・白ごま・胡麻
    喜界島産生ゴマ
    500g \2,000円
    100g \500円
    喜界島・新糖
    喜界島産純黒砂糖
    300g*4袋
    送料込み
    \1,980円
    喜界島・新糖
    喜界島産純黒砂糖
    300g*2袋
    送料込み
    \1,280円
    喜界島・生ざらめ
    喜界島産ざらめ
    500g*5袋
    送料込み
    \1,480円
    その他
    おすすめ商品は
    こちら。
    完熟たんかん
    喜界島産完熟
    たんかん
    3.5kg \2,500円

    5kg \2,800円

    10kg \4,500円
    けらじみかんのうた
    けらじみかんのうた
    ながしまみのる:さく
    \1,000円


    ちばりよ
    ちばりよ
    doki doki ドキドキ
    \1,000円

    2009年7月22日(水)午前11前くらいから観測される皆既日食。
    日本で、皆既日食が観測できるのは、奄美大島の北部・喜界島・屋久島・種子島の南端・トカラ列島・硫黄島・北硫黄島・南硫黄島といった東シナ海に浮かぶ島々のみ。
    その中でも悪石島では、6分25秒。
    喜界島では、1分41秒。(午前10時57分ごろ~10時59分ごろ)

    ビジネスホテル林では、宿泊の予約を承っております。 林ホテルの紹介
    電話 0997-65-1860 もしくは 0997-65-1860 へ。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    川崎2世 美沢・第一工大 プロスカウト注目 鹿児島に逸材

    川崎2世 美沢・第一工大 プロスカウト注目 鹿児島に逸材2009年1月30日 11:39 カテゴリー:地域のスポーツ > 野球

     鹿児島の第一工大に規格外の走攻守を備えた大型遊撃手がいる。182センチ、72キロの美沢将(3年)。50メートル走5秒8の俊足、遠投120メートルの強肩に通算15発の長打力、軽やかなグラブさばきは、福岡ソフトバンクの川崎宗則内野手2世の呼び声が高い。中央球界では無名ながら、九州内の大学関係者が「間違いなくドラフトにかかる」と口をそろえる逸材だ。未来のスター候補は、最終学年の目標を「神宮出場」と「プロ入り」に定め、一気に全国区へと躍り出るつもりだ。

     ●走攻守備え「今年こそ神宮」

     無限大の可能性が詰まった第一工大・美沢の表情は自信にあふれていた。「いよいよ最終学年。勝負の年だと思っています」。鹿児島県大学野球連盟のリーグ戦では入学直後の1年春に新人賞、2年秋にはMVPと順調に成長を遂げてきた。知る人ぞ知るこの好素材をひそかにマークするプロのスカウトは多い。

     鹿児島の南国の離島・喜界島で高校まで過ごした。全身バネでできているような体はその豊かな自然で培われた。「趣味は魚釣り。子供のころからよく海で遊んでいました」。3拍子そろった走攻守にさわやかな甘いマスク。右打ちと左打ちの違いはあるが、同じ鹿児島出身の川崎宗則(ソフトバンク)をほうふつさせる。「川崎2世? そういってもらえるとうれしいです。守りでの足の運び方など勉強になります」

     人生はどう転ぶか分からない。実は喜界高校卒業と同時に野球をやめて、自衛隊に入るつもりだった。同校OBの1990年ドラフト3位で広島に入団した高橋英樹投手(99年引退)を育てた久保正樹監督が「ポジションは違うが、潜在能力は高橋に劣らずピカ一」と野球を続けるよう強く勧め、第一工大に入学した。「感謝しています。今でも相談の電話をかけますよ」と笑う。

     全国区での勝負を熱望する。「今年こそ神宮に行きたい。1、2年のころはタイトルを意識していました。今はチームへの貢献を一番考えています」。これまで中軸を担ってきたが、強打と俊足を最大限に生かすために今春は1番に固定。リードオフマンとしてチームを引っ張る覚悟だ。

     その先に見すえるのがプロ入りだ。強く意識するようになったきっかけが、2007年のドラフトで同大学初のプロ指名を西武から受けた藤原良平投手の存在。「無名の大学でも可能性はあるんだと勇気づけられました。入団させてもらえるのならどこでも構いません」。今秋のドラフトの目玉になる可能性は大だ。 (大窪正一)

        ×      ×

     ◆美沢将(みさわ・まさる)1988年3月3日、鹿児島県喜界町生まれの20歳。上嘉鉄小3年から6年まではサッカーを続け、喜界第二中から軟式野球を始める。喜界高入学直後に投手から遊撃手に転向。1年秋からレギュラー。好きなプロ選手は「同じ右打者で打って走って守れる」という中島裕之(西武)。名前の「将」は「大将になれ」という親の願いがこもっている。182センチ、72キロ。右投げ右打ち。血液型O。

    =2009/01/30付 西日本スポーツ=
    スポンサーサイト

    自決権確立へ活動展開/薩摩支配400年琉球処分130年/「問う会」結成集会

    自決権確立へ活動展開/薩摩支配400年琉球処分130年/「問う会」結成集会

     「薩摩の琉球支配から400年・日本国の琉球処分130年を問う会」の結成集会が三十日、那覇市の教育福祉会館であり、約二百人の関係者が参加。琉球・沖縄の近現代の歴史を踏まえながら、沖縄社会の自決権を確立するための活動を展開することを確認した。

     同会は参加者が一部修正した会の規約案、活動計画案などを承認。今後、国連や日本国への要請行動のほか、県内各地での講演会の開催、薩摩侵攻や琉球処分で亡くなった人々の慰霊祭、戦跡フィールドワークの実施などの活動を継続して行う方針。

     記念講演で彫刻家の金城実さんが「沖縄の人々はこれまでもことあるごとに大衆決起した。『問う会』を発足させることで、これから沖縄の自決権を確立させるための入り口にしたい」と強調。また奄美からの報告では知名町職員の前利潔さんが「奄美の日本への復帰運動で薩摩支配や琉球処分は肯定的にとらえられたが、いまだ総括的な議論はない。四百年を契機に歴史を問い直したい」と話した。

    出生率:鹿児島・奄美は子だくさん 上位を独占--東京・目黒の3倍

    出生率:鹿児島・奄美は子だくさん 上位を独占--東京・目黒の3倍

     厚生労働省は30日、5年ごとにまとめている市区町村別の合計特殊出生率(1人の女性が一生に産む子供の数)を公表した。03~07年の平均で最も高かったのは鹿児島県伊仙町(2・42)で、最低の東京都目黒区(0・74)と3・3倍の開きがあった。

     上位の30自治体のうち25は九州・沖縄の島にあり、1~3位は鹿児島県の奄美諸島にある徳之島の3町(伊仙町、天城町、徳之島町)が独占。本州の自治体で唯一、30位以内に入った岡山県真庭市の子育て健康推進課は「中学入学までの医療費無料化や公立保育園を充実させて待機児ゼロを続けている子育て支援策が奏功したのでは」と話す。

     一方、下位の30自治体のうち13は東京23区。目黒区の0・74は過去4回の調査の最低を更新した。5年間の全国平均は前回調査より0・05低い1・31。

     厚労省統計情報部は「20代で子供を産む割合が高い自治体は上位に入り、学生が多い都市部は下位に集まっている。若い母親の子育てを地域で支える環境作りが出生率アップに有効」と分析している。【清水健二】

    ==============

     ■自治体別の出生率■

     【上位10自治体】

     (1)鹿児島県伊仙町  2.42

     (2) 〃  天城町  2.18

     (3) 〃  徳之島町 2.18

     (4) 〃  和泊町  2.15

     (5)岡山県真庭市   2.10

     (6)長崎県壱岐市   2.09

     (7)沖縄県南大東村  2.06

     (8)鹿児島県長島町  2.05

     (9)熊本県山江村   2.03

    (10)沖縄県宮古島市  2.02

     【下位10自治体】

     (1)東京都目黒区  0.74

     (2)京都市東山区  0.75

     (3)東京都中野区  0.75

     (4) 〃 渋谷区  0.75

     (5)福岡市中央区  0.75

     (6)東京都新宿区  0.76

     (7) 〃 杉並区  0.78

     (8)大阪府豊能町  0.78

     (9)東京都文京区  0.80

    (10) 〃 武蔵野市 0.81

     ※小数点第3位を四捨五入

    毎日新聞 2009年1月31日 西部朝刊

    出生率トップは鹿児島・伊仙町=大都市は少子化-自治体別の過去5年平均・厚労省

    出生率トップは鹿児島・伊仙町=大都市は少子化-自治体別の過去5年平均・厚労省

     厚生労働省は30日、女性1人が生涯産む子供数の推計値である合計特殊出生率の2003~07年の市区町村別平均値を公表した。出生率トップは奄美諸島・徳之島にある鹿児島県伊仙町の2.42。2位、3位の2町も同島。上位30位のうち岡山県真庭市以外は九州沖縄の自治体で、島嶼(とうしょ)部が大半を占めた。
     一方、最も低かったのは東京都目黒区の0.74で最低を更新。下位30位に東京23区の13区が入るなど、大都市部の低さが目立った。
     厚労省は「九州沖縄の島嶼部は20代の出生率が高く、全体を押し上げている。子育てを地域全体で支える社会が残っているためでは」と分析している。(2009/01/30-17:34)

    15万5000冊お引っ越し 県立奄美図書館

    15万5000冊お引っ越し 県立奄美図書館
    来月13日まで搬入作業
    (2009 01/30 07:19)

    搬入した本を並べる職員ら=奄美市の県立奄美図書館 4月末に開館する奄美市名瀬古田町の県立奄美図書館で、蔵書などの搬入作業が始まった。初日は本2万8000冊と机、いすなどの備品が、2008年11月に閉館した同市名瀬小俣町の県立図書館奄美分館などから運び込まれた。
     作業は21日始まり、図書館職員と搬入業者のスタッフ計67人が、トラックで運んだ荷物を手作業で書庫などに並べた。2月13日までに約15万5000冊を搬入。その後、細かい分類や設営作業に入る。
     搬入した里見海運産業(奄美市)の現場責任者・茂原隆弘さん(39)は「大変貴重な蔵書も多く、建物も新築。取り扱いに気を使っています」。有馬秀人分館長は「業者と綿密に打ち合わせをしており順調に進んでいるが、まだこれからが本番」と気を引き締めた。
     県立奄美図書館は書庫1階を除いて4階建て、延べ床面積約3470平方メートル。総工費は約12億2000万円。「島尾敏雄記念室」や郷土コーナー、放送大学学習室、研修室を備える。

    長崎・対馬 鹿児島・奄美大島 沖縄・西表島 3小が遠隔合同授業 離島1400キロ IT機器で結ぶ

    長崎・対馬 鹿児島・奄美大島 沖縄・西表島 3小が遠隔合同授業 離島1400キロ IT機器で結ぶ
    2009年1月28日 10:20 カテゴリー:九州・山口 > 長崎 九州・山口 > 鹿児島

    パソコンに接続したカメラに向かって答えを書いたパネルを掲げる鹿児島県・奄美大島の名音小の児童 約1400キロ離れた長崎県対馬、鹿児島県奄美大島、沖縄県西表島の3小学校を情報技術(IT)機器で結ぶ合同授業が長崎、鹿児島、琉球の3大学が文部科学省の支援を受けて取り組む「新時代の離島教育」の共同研究の一環で行われた。

     合同授業は21日にあり、大和村立名音(なおん)小(奄美大島)、対馬市立久原(くばら)小、竹富町立白浜小(西表島)の5、6年生を中心に計15人が参加した。各校がパソコンに接続したカメラに向かって学習内容を発表し、お互いにスクリーンの映像を見ながら授業を進めた。

     授業時間は約1時間半。久原小側が学校紹介で「今、気温が10度。暖房が入ってます」と話すと、暖かい奄美の名音小の児童は「へえー」と驚いていた。

     発表では、久原小が1720年にサツマイモの栽培に成功した郷土の偉人を取り上げた。名音小の児童の1人は「遠く離れた地域の自然、文化などが分かり勉強になった」と感想を述べていた。

     名音小の大山巧校長は「同じ学年に1、2人しかいない小規模校では発表力、表現力が育たない。このシステムを利用できたら、学校同士で課題を補うことができる」と期待を寄せた。

    =2009/01/28付 西日本新聞朝刊=

    ヤギを保護 元気すぎて“メー惑”?/奄美署

    ヤギを保護 元気すぎて“メー惑”?/奄美署
    (2009 01/28 07:31)

    奄美警察署で保護しているヤギ 奄美署でヤギが「拾得物」として保護されている。25日朝、奄美市名瀬市街地近くの旧国道で見つかった。通報で署員が駆け付けると、おとなしくワゴン車に乗り込んだという。
     メスの成獣で体長約1メートル。黒い毛で覆われ、目の上や口、足先などは白い。赤い首輪をつけていることから、同署は家で飼われていたとみて聞き込みしているが、飼い主は見つかっていない。
     車庫脇でロープにつながれながらも、フェンスに頭突きするなど元気いっぱい。食欲も旺盛でエサやりもひと苦労。愛らしい表情に“メー惑”顔もできず、「心当たりがある人は連絡を」と署員。

    奄美の公設事務所損賠訴訟:元所長「落ち度ない」--地裁名瀬初弁論 /鹿児島

    奄美の公設事務所損賠訴訟:元所長「落ち度ない」--地裁名瀬初弁論 /鹿児島

     奄美市内の女性ら2人が多重債務の処理を放置したなどとして、「公設事務所」の初代所長、高橋広篤弁護士(32)=静岡県掛川市=を相手に、計770万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が27日、地裁名瀬支部であった。高橋弁護士側は、全面的に争う構えを示した。

     答弁書で、高橋弁護士側は「原告が連絡せず、約束した費用も持参しなかった」などと主張。「落ち度は全くなく、一切の損害は発生していない」とした。

     訴えによると、女性は05年5月、高橋弁護士に債務整理を相談し、委任契約。しかし、破産手続きを進めないまま、一方的に代理人を辞任され、債権者の消費者金融業者から提訴されて請求額全額の支払いを命じる判決を受け、給料差し押さえなど「職場を休職せざるを得ないほど精神的苦痛を受けた」と主張、220万円の損害賠償を求めた。もう一人の男性も債務整理を放置され、代理人を勝手に辞任されたと主張し、550万円の損害賠償を求めた。【神田和明】

    毎日新聞 2009年1月28日 地方版

    ヒカンザクラ:メジロ飛び交い 奄美大島で開花 /鹿児島

    ヒカンザクラ:メジロ飛び交い 奄美大島で開花 /鹿児島

     奄美大島の山中などでヒカンザクラが開花した。うつむいたように下向きに花をつけるのが特徴で、例年、寒さが厳しくなるこの時期に開花する。2月下旬ごろまで楽しめるという。

     龍郷町は早くも開花宣言。奄美自然観察の森には260本が植樹されており、ほぼ3~4分咲きで、つぼみも多い。また、町内のサクラ並木では2月1日、峠道で第1回「奄美桜マラソン」がある。【神田和明】

    毎日新聞 2009年1月28日 地方版

    田崎真珠:7養殖場を閉鎖 生産規模1割に

    田崎真珠:7養殖場を閉鎖 生産規模1割に

     業績悪化で経営再建中の田崎真珠(神戸市)は23日、今月末までに全国8カ所の真珠養殖場のうち7カ所を閉鎖することを明らかにした。生産規模は10分の1程度になる見込み。素材調達は、必要があれば仕入れで対応するとしている。

     閉鎖するのは、奄美養殖場(鹿児島県瀬戸内町)、平戸養殖場(長崎県平戸市)、五島養殖場(同県新上五島町)などで、売却も検討中。地理的なアクセスや海の質を考慮して九十九島養殖場(同県佐世保市)だけを残す。大村工場(同県大村市)と田崎海洋生物研究所(徳島県美波町)も閉鎖する。

     また、同社が募っていた希望退職者は最終的に483人となり、2月末で退職する。

     23日付で就任した田島寿一・新社長は会見で「今後はブランド価値を高め、マーケットを拡大していきたい」と抱負を語った。【川上晃弘】

    プロ、充電の冬 奄美にトップ選手続々

    プロ、充電の冬 奄美にトップ選手続々
    異種競技で合同合宿も
    (2009 01/24 07:21)

    陸上男子長距離の日本実業団連合が走る脇で、プロ野球や競輪選手らが合同自主トレ=奄美市の名瀬運動公園陸上競技場 奄美大島でスポーツ冬季合宿がピークを迎えている。晴天に恵まれた奄美市名瀬の名瀬運動公園では16日、陸上男子長距離の日本実業団連合の28選手がトラックを走る脇で、プロ野球の下柳剛投手やプロゴルファー、競輪選手らが合同自主トレするなど、さまざまな競技のトップ選手が交流しながら汗を流した。
     昨年11月27日のアコム陸上部を皮切りに、今月16日までに22団体約280人が来島。女子マラソン五輪金メダリストの野口みずき選手、プロ野球セ・リーグ2年連続本塁打王の村田修一内野手、正月の全日本実業団対抗駅伝(男子)優勝の富士通などが今年も姿を見せた。
     1344人が集まり8年連続で1000人を超した前年度に比べると減少傾向。自動車メーカー系の実業団や大学生の合宿取りやめが響いた。奄美市紬観光課は理由について(1)長引く不況(2)航空運賃の増(3)就職活動時期の早期化(4)ほかの合宿地に分散-などと分析している。
     奄美合宿の世話役を務める同市の団体職員増根清輝さん(61)は「もっと減ると思っていたが、これだけ来てくれるだけでありがたい。今は我慢の時期」と話す。

    駆除剤高く、対策進まず国レベルの根絶作業を

    駆除剤高く、対策進まず
    国レベルの根絶作業を


    Pic1 県花デイゴのヒメコバチ被害は、昨年5月に駆除剤が開発されたにもかかわらず、対策は全然進んでいない。薬が高価なうえ、1回の駆除では効果が上がらないというのが対策の足かせになっている。このままでは、沖縄のシンボルであるデイゴが県内からすべて姿を消すのも近い。市町村や民間で取り組むというより、ウリミバエなどの根絶事業と同様、国レベルの大がかりな駆除対策が求められている。(南風原英和記者)

    ヒメコバチは、2004年に確認された新種の虫で、体長は1~1.6ミリ程度。これまでにハワイや台湾、インド、米国フロリダでも大発生するなど、世界中に被害が拡大している。
     県内では、05年に石垣島や西表島で確認されたあと、沖縄本島、奄美大島へと被害が広がりつつある。
     このため、県森林資源研究センターが実験を重ね、昨年4月、最も効果のある被害対策として「アトラック液剤」の農薬登録にこぎつけた。
     駆除剤はデイゴの幹に穴を開け、そこに薬を注入するもので、八重山支庁では関係者を集めて講習会を開催、防除方法などを指導した。
     ところが、薬剤は60ミリリットル入り1本2000円で、駆除する場合、それぞれの枝に注入しなければならず、自治体や公民館が実施すると、財政上大きな負担となる。

    支庁農林水産整備課農林水産整備班の新城浩健班長は「財政難の折、『駆除は各所有者で』というのが実情。また、駆除は継続が必要で、被害木に一度薬剤を注入しても大丈夫とは断言できない」と話す。
     学校や公園など公共施設に多く植えられているデイゴを維持管理する側も、薬剤が高価であることを理由に二の足を踏んでいるのが現状だ。
     市教委の松島昭司教育部長は「学校予算から消耗品代を削って対策に充てることも検討しているが厳しい状況にある」という。
     県や市の指定管理者であるバンナ公園管理事務所や石垣市公共施設管理公社も予算待ちで、被害対策に手をつけていない。
     バンナ公園管理事務所では、公園内にある158本のうち9割がヒメコバチ被害を受け昨年1月、EM菌活性化液をデイゴに散布し、樹勢の回復を試みたという。
     一方、郡内で最も歴史の古い登野城小学校では、約50本あったデイゴのうち、これまでに 本が枯れ、撤去された。新城寅生校長は「創立以来からのデイゴもあり、伝統ある学校の木が枯れていくのは心苦しい」と話す。
     同校で8年間教べんを取り、真向かいに住む元小学校教諭の西表秀さん(87)は「デイゴは学校、島、そして心のシンボル。それが消えていくのは淋しい。なんとかして元の真紅の花を咲かせてほしい」と願う。
     このまま手をこまねいていると、県花デイゴが消滅するのは火を見るより明らかだ。莫大な費用がかかる以上、県がヒメコバチの根絶作業を国側に求めていくことが賢明といえよう。

    ブレイクタイム:デビューシングル発売、城南海さん /大阪

    ブレイクタイム:デビューシングル発売、城南海さん /大阪

     ◇島唄を掛け合わせ新しい音楽を
     まっすぐな瞳と、古里・奄美大島の海のような透明感が印象的だ。名前も印象的。本名で、「きずき・みなみ」と読むが、「ちゃんと読まれたこと、ないです」。

     デビューシングル「アイツムギ」が7日発売されたばかり。「全部、初めてのことばかりで、ドッキドキです」と初々しい笑みを浮かべる。伸びやかな裏声が、これまた印象的だ。奄美の島唄独特の歌唱法を取り入れた。タイトルも奄美の大島つむぎにかけている。

     「奄美の伝統文化と心が入ってて。自分にとって一番大切なものを考えながら歌ってます」。大切なものって? 「両親です」

     まっすぐ育った島の子が、島唄に関心を持ったのは島を出てから。鹿児島市で暮らしていた16歳の時、兄が「鹿児島では奄美の島唄を聴いたことがある人が少ないから」と、独学で島唄を歌い始めた。その姿に触発された。

     3歳からピアノを習い、「将来はピアノの先生かピアニスト」とぼんやり考えていた少女が、島唄のオーディションに出て歌手デビューすることになる。人生、どこに扉が開いているかわからない。

     奄美では、集落のことを「シマ」と呼ぶ。「シマで唄も歌い継がれてきた。同じ奄美大島でも、北と南では歌い方がまったく違うんです。奄美を出たからこそ、魅力に気付いて。次の世代に伝えていかないといけないもの、と思うんです」。古里は遠きにありて思うもの。

     大切にしたいのは、人とのつながり。それは古里の心でもある。「年上の人には、名前のあとにアニョ(兄)、ネエ(姉)って付けるんです。つながりを大切にしてるから」

     だから、人の気持ちを歌い、人に伝えていける歌い手になりたいと思う。さらに夢は広がる。「世界にはそれぞれに島唄がある。そんな音楽と奄美の島唄を掛け合わせて、新しい音楽を作れたら」

     東京で暮らしていると、島が恋しくなる。そういう時は遊び場だった透き通った海がまぶたに浮かぶ。そんな彼女は、これからどんな歌をつむいでいくのだろう。【松井宏員】

    ==============

     ◇きょうの一言
     「性格は良くも悪くものんびり。『いいがねー』って」

    ==============

     ■人物略歴

     ◇きずき・みなみ
     89年12月生まれ。

    毎日新聞 2009年1月24日 地方版

    Eclipse  Minoru Nagashima ~日食English version~長島稔

    English version


    tag : Eclipse 長島稔 日食 皆既日食

    皆既日食まで半年 うれし悩まし島々

    皆既日食まで半年 うれし悩まし島々
    2009年01月22日





    奄美大島北部の皆既日食用の臨時キャンプ場。トイレの改修工事などが進んでいる=奄美市笠利町


     今世紀最長の観測時間で注目を集める7月22日の皆既日食まであと半年。観測地となる県内の島々にとっては観光PRの絶好機だ。少ない宿泊施設やハブ対策など悩みはあるが、関係者は島ならではの魅力を伝えようと準備を進めている。


    ■種子島・屋久島
     「月に一番近い島」
     種子島観光協会が昨年から島のPRのため使い始めたキャッチフレーズだ。月が太陽に重なる皆既日食。皆既帯に入る南種子町にある種子島宇宙センターが月探査衛星「かぐや」を打ち上げた実績もあることから名付けた。
     1年前の昨年7月にイベントを開き、天体観測や砂浜が続く長浜海岸での砂像づくりなどで魅力を売り込んだ。本多幸雄事務局長は「種子島の夏の海を売り込む絶好の機会」と話す。
     ただ日食とほぼ同時期に、宇宙センターから国の情報収集衛星が打ち上げられるのを見込んで、地元の宿泊施設は、一般の予約受付を断っている。通常の打ち上げで500~600人の関係者が来島するが、情報収集衛星ともなれば、警察・警備関係者も加わると予想される。島全体で受け入れ可能な宿泊客は約2300人。町の担当者は「このうえ、十島村のツアーなどにあぶれた人たちが殺到したら」と懸念する。
     公園や廃校のグラウンドなどをキャンプ地に開放しても島全体で計5千人が限界だ。島内の移動は片側1車線の国道58号頼み。渋滞対策にシャトルバスの運行と交通規制を検討している。
     一方、屋久島観光協会に19日開設された相談窓口にも問い合わせが相次ぐ。屋久島町の担当者は「観光PRより安全確保に重きを置きたい」。
     島の簡易水道施設や下水処理施設の能力からはじいた受け入れ可能人数は4500人。「毎年7月は観光シーズンと帰省時期が重なり、ただでさえ宿は限界に近い。宿無しでもいいと押しかける人が出てこないか心配」という。


    ■十島村
     皆既日食の継続時間が陸地で最長の6分25秒となる悪石島をはじめ、十島村の島々は皆既帯にすっぽり収まる。村の担当者は「島の生活を知ってもらい、村の応援団を増やすいい機会」と期待をかける。
     近畿日本ツーリスト(KNT)に委託する観測ツアーの参加者に、滞在中どう過ごしてもらおうか。海釣りや貝殻細工体験など、手作りのもてなし方法を住民たちで話し合う。宿泊場所になるキャンプ場や公園の草刈りなどにも島民の力が必要だ。
     日食を挟む一定期間、村営の「フェリーとしま」はツアー客で満席だが、ツアー客以外がほかの船で上陸する可能性があり、来島を規制する条例が必要か検討を続ける。
     KNTはツアー客を2次募集中。料金は最低でも1人34万円を超すが、すでに約600件の応募がある。定員は総計1500人。1次は2052人が応募、815人が当選している。


    ■奄美
     島北部が皆既帯にかかる奄美大島の平田隆義・奄美市長は「世界に奄美を発信する千載一遇の機会」と意気込む。
     市の皆既日食実行委員会は、アマミノクロウサギを始めとする島特有の動植物を探索したり、島唄や八月踊り、長寿食など独特の民俗文化を堪能したりするツアーを企画する。越間多輝鐘(た・き・かね)・総務企画専門委員長は「にわかづくりでなく、今ある資源で奄美の素晴らしさを訴えたい」。
     受け入れ可能人数を6800人とし、市や龍郷町は島北部の3カ所に約3千人が収容できるキャンプ場を設営中。悩みは毒蛇のハブだ。テント客が夜行性のハブに襲われる危険もある。奄美市は島民ボランティアを募り、ハブ専門の夜間パトロールや啓発活動を検討中だ。
     東京の音楽イベント会社は、皆既日食を挟んで7月16日から9日間、北部の海岸で野外音楽祭を企画。チケット1千枚は1週間でほぼ完売した。担当者は「予想以上に注目度が高い」と驚く。
     皆既帯に入らない島南部の瀬戸内町も、海上タクシーを島北部に集結させ、海から観測する計画を立てる。


    ■7月22日の皆既日食 
     インド西部から太平洋上にかけて観測できるが、ほとんどが海上。中国・上海でも見られるが、大気汚染の影響が不安視される。国内の陸地で皆既日食が観測できるのは1963年の北海道東部以来、46年ぶり。次は2035年、北陸・北関東で見られる。

    近ツー、トカラ皆既日食観測ツアー第二期募集

    近ツー、トカラ皆既日食観測ツアー第二期募集
    1月14日 23時43分



    近畿日本ツーリストは、7月22日に鹿児島県のトカラ列島で、今世紀最長の「皆既日食」を世界で一番長く観測(陸上)できる「2009年トカラ皆既日食観測ツアー」(定員1,500人)の第二期募集を1月14日から開始した。

    第二期抽選申し込みは1月14日から1月28日午後5時までで、抽選結果の発表予定は2月5日夕方。申し込みが多い場合は、先着順ではなく、抽選とする。

    今後、第三期抽選申し込みを予定しているが、第二期申し込み終了後にホームページで案内する。

    インフルエンザ 鹿県が警報発令/2季連続

    インフルエンザ 鹿県が警報発令/2季連続
    広域的大流行恐れ
    (2009 01/21 07:32)

     鹿児島県はインフルエンザが県内広域的に大流行が発生する、または継続する恐れがあるとして20日、発令中のインフルエンザ流行発生注意報を警報レベルに上げた。警報は2季連続で、昨季より16日早い。市町村、医療、教育機関などに周知し、注意を喚起する方針。
     県健康増進課は予防策として、うがい手洗いなどのほかに、十分な栄養・睡眠をとる、人込みを避ける、室内を乾燥させない-などを呼びかけている。同課は「高齢者施設は特に注意してほしい」としている。
     警報レベルは、患者の定点報告数が30人超の保健所の合計人口が、県人口の30%を超えた場合に発令する。今季の最新定点報告で30人超の保健所は加世田、鹿屋、徳之島で、県人口に対し18%だが、人口が最も多い鹿児島が29.22人と、30人目前のため、レベルを上げた。
     同課によると、インフルエンザとみられる症状の集団発生で、喜界町・早町小1年と、姶良町・薫光幼稚園年長組が学年閉鎖、南さつま・金峰中2年と、鹿児島医療福祉専門学校1年介護福祉学科が各1クラス学級閉鎖になった。

    椋 鳩十の次男が来島

    小説家、児童文学者としてとして有名な、
    椋 鳩十の次男の方が喜界島に来島するようです。





    椋 鳩十について。wikipedia

    椋 鳩十(むく はとじゅう、1905年1月22日 - 1987年12月27日)は、長野県下伊那郡喬木村阿島出身の小説家、児童文学者。本名は久保田彦穂(くぼた ひこほ)。


    [編集] 略歴
    旧制飯田中学(現・長野県飯田高等学校)、法政大学法文学部(のちの文学部)国文科卒業。大学在学中、佐藤惣之助の『詩の家』同人となり、1926年に詩集『駿馬』を発表する。卒業後、鹿児島県熊毛郡中種子高等小学校に代用教員として赴任するも、3ヶ月で解雇となる。 その後に姉の紹介により、同県姶良郡加治木町立加治木高等女学校の国語教師に着任する。仕事の傍ら、宿直室を使い作家活動を続け、 1933年に最初の小説『山窩調』を自費出版する。この時初めて椋鳩十のペンネームを使った。

    戦時中という状況もあり自由な表現が弾圧される中、『山窩調』も発禁処分となった。 しかし同年、『少年倶楽部』の編集長であった須藤憲三より執筆依頼の手紙が届く。椋は数年放っていたが、須藤の送った「怠け賃」に感激し、児童文学を書き始めた。

    1947年には鹿児島県立図書館長を務める。館長としては、GHQによる軍国主義的図書館資料の排除(実質上の廃棄・焚書)命令を書庫に封印する事を条件に命令実行を回避するなど、図書館の独立を守りながらも図書館の再建に努めた。だが、戦後の財政難によって図書館再建は困難を伴った。そこで、県と市町村による図書館の共同運営を行って、市町村立図書館の設置が出来ない市町村では、教育委員会や公民館に図書館(サービス・センター)を設置して県立図書館がこれを支援した。また、県立図書館が主導して図書を購入し、市町村立図書館やサービスセンターに貸し出す事で市町村図書館・サービス・センターと県立図書館が役割分担を行う事で相互の役割補完を目指した。椋のこの運営方式を図書館学では「鹿児島方式」と呼称しており、後の図書館ネットワークの構築に大きな影響を与えた。また、創作と並行して1958年には島尾敏雄を館長とした奄美分館を設置、1960年には読書運動である『母と子の20分間読書』運動を推進した。 1967年からは鹿児島女子短期大学教授を務めた。

    小学校時代に手にしたヨハンナ・スピリの『アルプスの少女ハイジ』を読み自然美に感動し、その後読んだエマソンやツルゲーネフといったディープ・エコロジーの思想も受けている。特に児童動物文学の影響はジャック・ロンドンからの影響も強い。 野生の掟や親子愛をテーマに書かれた児童動物文学もあれば、社会批判を面白おかしく童話風に書いたものまで、作風は幅広い。

    鹿児島県内の小中学校・高校の校歌に詩を提供しており、今なお歌われ続けている。なお、作詞者名にペンネームではなく本名で名前が書かれている場合もある。

    1987年に逝去。享年82。

    長野県下伊那郡喬木村に椋鳩十記念館、鹿児島県姶良郡加治木町に椋鳩十文学記念館がある。1991年より椋鳩十児童文学賞が開催されている。

    2007年現在『大造じいさんとガン』は、小学5年生の国語教科書の教材になっている。


    [編集] 主な作品
    『片耳の大鹿』(1952年・文部大臣奨励賞受賞)
    『大空に生きる』(1961年・未明文学奨励賞受賞)
    『孤島の野犬』(1964年・サンケイ児童出版文化賞受賞・国際アンデルセン賞国内賞受賞)
    『マヤの一生』(1971年・国際アンデルセン賞国内賞受賞・児童福祉文化奨励賞受賞)現在、小学五年生国語教材
    『大造じいさんとがん』(1980年・和国特許委員会最優秀賞受賞・児童学校学習最適賞受賞)







    椋鳩十児童文学賞は、鹿児島市が市制100周年を記念し設立した児童文学対象の文学賞。児童文学者、椋鳩十の功績を讃えて設立された。新人の初刊本のみを対象とするユニークな賞として児童文学界でも重要な位置にある。


    [編集] 受賞作品
    第1回(1991年)「お引越し」 ひこ・田中・「DownTown通信~友だち貸します」 石原てるこ
    第2回(1992年)「リズム」 森絵都
    第3回(1993年)「パパにあいたい日もあるさ」 もとやまゆうほ
    第4回(1994年)「ちいさい えりちゃん」 村山早紀
    第5回(1995年)「海にむかう少年」 にしざきしげる
    第6回(1996年)「泣けない魚たち」 阿部夏丸
    第7回(1997年)「僕のフェラーリ」 坂元純
    第8回(1998年)「バイ・バイ-11歳の旅だち-」 岡沢ゆみ
    第9回(1999年)「ビート・キッズ-Beat Kids」 風野潮
    第10回(2000年)「ナシスの塔の物語」 みおちづる
    第11回(2001年)「天のシーソー」 安東みきえ
    第12回(2002年)「おれんじ屋のきぬ子さん」 河俣規世佳
    第13回(2003年)「寿司屋の小太郎」 佐川芳枝
    第14回(2004年)「人形の旅立ち」 長谷川摂子
    第15回(2005年)「雪の林」やえがしなおこ
    第16回(2006年)「走れ、セナ!」香坂直
    第17回(2007年)「冬の龍」藤江じゅん
    第18回(2008年)「ボクシング・デイ」樫崎茜

    tag : 椋鳩十 小説 児童文学 喜界島

    取材ノート09:防災ヘリでの救急搬送 県が本土内でも開始へ /鹿児島

    取材ノート09:防災ヘリでの救急搬送 県が本土内でも開始へ /鹿児島

     ◇時間短縮へ高まる期待
     県は09年度から、遠隔地の救急患者を短時間で搬送するため、離島だけだった県消防・防災ヘリ「さつま」による救急搬送を、本土内でも始める。ドクターヘリ導入までの“つなぎ”の措置だが、医師会などからは搬送時間短縮への期待が高まる。数年後にドクターヘリ導入を目指すが、活動範囲は本土周辺となる見通し。奄美では引き続き、沖縄県や自衛隊のヘリ頼みとなりそうだ。【福岡静哉】

     08年10月。国立指宿病院(指宿市)から鹿児島市内の病院に転院搬送中の救急車は、国道226号で夕方の渋滞につかまった。

     車内には急性心筋こうそくの男性患者。高度な手術が必要で、指宿病院では対応できなかった。一度心停止に陥ったが、心臓マッサージなどで回復し、到着後の緊急手術で一命を取り留めた。だが、搬送時間は実に1時間半もかかった。

     同病院の田中康博・診療部長は「死亡する恐れもあった。急性の心筋こうそくや脳こうそく、交通事故などは、1分1秒が明暗を分ける」と言う。

       ◇   ◇

     国際医療福祉大(栃木県)の河口洋行准教授の調査(06年)によると、救命救急センターまでの平均搬送時間(離島は除く)で鹿児島県は93分と、北海道、和歌山県に次いで全国ワースト3位だ。センターが鹿児島市立病院1カ所しかないためで、本土内でも2時間以上かかることもある。

     県はドクターヘリ導入を目指し08年10月、有識者でつくる「導入検討委員会」を設置。年度内に運営主体の病院やヘリポート場所など具体的な中身を取りまとめる。ただ、準備に最低2、3年はかかるため、検討委では県の防災ヘリの活用を求める意見が相次いだ。

     防災ヘリは現在、熊毛地区と三島、十島、甑島での救急搬送を担うが、本土内の救急搬送は、出動基準で明確な規定が無かった。検討委の議論を踏まえ県は、基準の見直しに着手。本土内ならば、搬送時間は片道20分以内。ヘリ離発着場の確保や、地域の医師会との連携なども進める。

     また、運用も見直す。これまでは要請側の医師がヘリに同乗したが、今後は、受け入れ側の医師が鹿児島市内から搭乗する方式も導入する。鹿児島市以外では医師不足が深刻化しており、県医師会の上津原甲一・常任理事(救急医療担当)は「離島やへき地で医師が不在になる状況を防げる」と期待する。

       ◇   ◇

     一方、奄美地区は防災ヘリの活動範囲外。自衛隊や沖縄県の協力でしのぐ。奄美大島=海上自衛隊第1航空群(鹿屋市)▽徳之島=陸上自衛隊第1混成団(那覇市)▽沖永良部島・与論島=昼は沖縄県のドクターヘリ、夜間は陸自第1混成団--という具合だ。

     県は奄美大島にもドクターヘリを1機導入する意向はあるという。だが、そのためには県立大島病院(奄美市)への救命救急センター設置が前提で、病床・医師数の確保や診療科目の充実など課題が多い。県の負担は、ヘリ1機で年間約8400万円、センター設置で同1億以上となる見込み。県財政は厳しいだけに、早期整備は難しそうだ。

    毎日新聞 2009年1月18日 地方版

    田崎真珠:奄美撤退へ 瀬戸内町、退職社員を支援の方針 /鹿児島

    田崎真珠:奄美撤退へ 瀬戸内町、退職社員を支援の方針 /鹿児島

     瀬戸内町と宇検村で真珠の養殖事業を展開している田崎真珠(本社・神戸市)が、奄美からの撤退を計画していることが分かった。同社の「養殖カンパニー奄美ブロック」(同町古仁屋)の社員約50人のほとんどが、社が募っていた早期退職に応じたという。

     町によると、田崎真珠は先月13日、「奄美ブロック」の社員に早期退職の募集などの説明があったほか、同23日、房克臣町長らに奄美の養殖事業からの撤退の意向が伝えられたという。同社員はほとんどが1月末での退職を希望したという。

     町では、空きのある町営住宅4室を優先的に、退職で寮を出る8世帯に貸し出す方針。また、臨時で短期の雇用も予定している。町総務課では「突然職を失う事例なので、できる限りの支援をしたい」と話している。

     同社は1965年、マベ貝などから真珠を生産する養殖場を加計呂麻島に開設、奄美に進出。宇検村にも養殖場を開設するなど最盛期には約200人の従業員がいたという。だが、05年から3期連続の赤字で、業績が悪化していた。【神田和明】

    毎日新聞 2009年1月17日 地方版

    喜界島の石垣

    高さが3メートルほどもある石垣です。裏門なども石を使い上手に 作っています。

    tag : 喜界島 石垣

    山羊の反すう

    ヤギと同じく反芻動物です。一度食べた物をまた噛みます。


    tag : 山羊 ヤギ 反すう

    子ヤギの乳のみ-喜界島

    山羊が母のを飲んでいるところです。


    tag : ヤギ 山羊

    喜界町営農支援センター-喜界島

    島の特産品である、タンカン花良治みかん島みかんなどの柑橘類の苗、パパイヤ、パ ッションフルーツ(時計草)、アダン、リュウゼツラン(竜舌蘭)などの苗の販売や、ホ ウライカガミという植物(オオゴマダラの幼虫が食べる)の繁殖などを行っています。ま た、農業に関する技術を教えたりすることも行っています。

    tag : 喜界島 喜界町 農業 特産品 タンカン 花良治みかん 島みかん パパイヤ パッションフルーツ オオゴマダラ

    メジロの食事

    メジロが熟したパパイヤの実をつついているところです。


    tag : リュウキュウメジロ パパイヤ

    冬の海

    防波堤に打ち付ける波。島では塩害がすごい!!車など鉄・アルミ などの腐食が早いです。


    tag : 喜界島 防波堤

    紬大使に俳優榎木さん 本場大島紬織物協同組合が委嘱、3人目 知事表敬 「若い人にアピールしたい」

    紬大使に俳優榎木さん 本場大島紬織物協同組合が委嘱、3人目 知事表敬 「若い人にアピールしたい」
    2009年1月17日 01:39 カテゴリー:九州・山口 > 鹿児島

    伊藤祐一郎知事(左)に「本場大島紬大使」の委嘱状を示す榎木孝明さん(中央) 本場大島紬(つむぎ)織物協同組合は、大島紬を全国にPRする「本場大島紬大使」を県出身の俳優榎木孝明さんに委嘱した。榎木さんは、伊藤祐一郎知事を表敬訪問し「大島紬のよさを全国に広めたい」と述べた。

     大使の委嘱は、1999年の元ニュースキャスターで県奄美パーク園長も務める宮崎緑さん、2000年のデザイナー森英恵さんに続き、9年ぶり3人目。任期はない。

     組合から贈られた「色大島」と呼ばれる明るい色の大島紬を着た榎木さんは「大島は品があって着心地がいい。若い人にもっとアピールするなど協力していきたい」と話していた。

     大島紬の生産量は1976年の約97万反、650億円をピークに減少し、現在は約8万反、40‐50億円に低迷。組合の中川進理事長は「全国的にも有名な榎木さんに、さまざまな場所で着てもらい、少しでも多くの人に大島紬の素晴らしさを知ってほしい」と期待していた。

    =2009/01/17付 西日本新聞朝刊=

    リュウキュウアサギマダラ 羽寄せ合い 寒さに耐え 奄美で集団越冬

    リュウキュウアサギマダラ 羽寄せ合い 寒さに耐え 奄美で集団越冬2009年1月15日 01:49 カテゴリー:九州・山口 > 鹿児島

    羽を寄せ合い、集団越冬するリュウキュウアサギマダラ 奄美群島以南に分布するチョウのリュウキュウアサギマダラが、奄美大島の森で集団越冬している。1‐2月に日照時間が極端に少なくなる奄美では、数百匹のチョウが羽を寄せ合い、寒さにじっと耐えている。

     羽を広げた大きさは約10センチ、茶色とブルーのまだら模様が美しいチョウで、本土と南西諸島の間を長距離移動するアサギマダラより小さい。

     気温15度以下が集団越冬する目安。木々に囲まれたくぼ地では、チョウの群れがつる状の枝にぶら下がり、枯れ葉と間違う。日中、日が差し込むと、辺りをふわふわ舞う光景も見られる。

    =2009/01/15付 西日本新聞朝刊=

    奄美の歌姫・城南海、地元鹿児島チャートで1位獲得

    奄美の歌姫・城南海、地元鹿児島チャートで1位獲得

    城南海
    2009年1月15日 13:22


    3月26日には渋谷duo MUSIC EXCHANGEで行われるライブイベント「L'ULTIMO duo Vol.3」に出演する。

    1月7日にリリースされた城南海のデビューシングル「アイツムギ」が、彼女の地元・鹿児島県内での売上チャートで1位を記録したことが明らかになった。

    城南海は奄美大島出身の歌手。地元での音楽活動をきっかけに注目を集め、川村結花が作詞・作曲を手がけた「アイツムギ」でメジャーデビューを果たした。

    昨年12月に鹿児島CAPARVO HALLで開催したワンマンライブのチケットがソールドアウトするなど、地元を中心に高い人気を誇る彼女。1月14日付けのUSEN総合チャートJ-POP部門ではランキングを急上昇させて21位に入る健闘を見せており、今後は全国区で注目を浴びていくことになりそうだ。

    田崎真珠、奄美撤退へ 社員45人大半が退職願

    田崎真珠、奄美撤退へ 社員45人大半が退職願(2009 01/16 07:35)

    撤退を計画している田崎真珠養殖カンパニー奄美ブロック事務所=15日、瀬戸内町古仁屋 真珠養殖・販売の国内最大手、田崎真珠(神戸市)が奄美で養殖事業をする「養殖カンパニー奄美ブロック」(瀬戸内町古仁屋)の撤退を計画していることが分かった。同社は全社員を対象に希望退職者を募っており、奄美ブロックの社員45人のほとんどが1月末での退職願を出したという。15日、瀬戸内町が町議会全員協議会で明らかにした。
     同社の奄美進出は1965年。同町と宇検村に5つの養殖場を持ち、マベ貝やシロチョウ貝から真珠を生産している。約20年前の全盛期は社員180人以上がいたという。生産高は公表していない。
     同社は2005年10月期から連結当期利益が3期連続赤字となり、ファンド系会社による経営再建が進められている。08年12月8日、全社員の約3分の1に当たる450人程度の希望退職者を募集すると発表。同13日に飯田隆也社長が来島し奄美ブロックの社員に説明、23日には房克臣町長らに撤退の意向を伝えていた。
     同社広報は希望退職者募集の理由を「経営改善のため」とし、「撤退するかどうかも含め、現時点でコメントできない」としている。
     房町長は「撤退計画は残念。動向を見守りながら漁協と協力して対応したい」。瀬戸内漁協の叶良久組合長は「田崎真珠の漁業権行使料は年約3000万円もあり、組合存亡にかかわる問題。具体的な話が来れば緊急理事会で協議したい」と話した。

    FC2アフィリエイト

    FC2アフィリエイト

    プロフィール

    iwtshop

    岩田商店・ビジネスホテル林
    喜界島の岩田商店とビジネスホテル林のブログへようこそ!

    リンク
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    FC2カウンター
    FC2アフィリエイト
    アフィリエイト・SEO対策
    全ての記事を表示する

    全ての記事を表示する

    QRコード
    QRコード
    FC2ブログランキング

    FC2ブログランキング

    FC2ブックマークに追加する
    FC2ブックマークに追加
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブックマーク

    はてなに追加
    MyYahoo!に追加
    del.icio.usに追加
    livedoorClipに追加

    ブックマークプラス by SEO対策

    ブログランキング

    FC2ブログランキング

    ランキング
    ブログ内検索
    RSSフィード
    FC2アフィリエイト
    予約宿名人
    小さな天気予報

    鹿児島県-名瀬
    提供:釣り情報フィッシングラボ

    edita.jp【エディタ】
    人目のお客様。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。