岩田商店おすすめ品

    ホテルの予約はお電話で!!
    0997-65-1860
    お待ちしています。
    喜界島・朝日
    朝日30度1800ml
    \2,130円
    南の島の貴婦人
    南の島の貴婦人
    44度300ml
    \2,100円
    壱乃醸
    壱乃醸 25度 720ml
    \1,750円
    飛乃流
    飛乃流 25度 720ml
    \1,650円
    陽出る國の銘酒
    陽出る國の銘酒
    2001
    44度360ml
    \3,000円
    喜界島オリジナルTシャツ
    喜界島オリジナルTシャツ
    喜界島オリジナル
    Tシャツ
    M,Lサイズ
    2,200円
    喜界島30度
    喜界島30度1800ml
    \2,070円
    由羅王
    由羅王25度1800ml
    \2,250円
    伝蔵
    伝蔵 30度 1800ml
    \2,070円
    せいら 金・銀
    せいら 金・銀セット
    \2,230円
    奄美のしずく原液
    奄美のしずく
    原液 900ml
    \12,800円
    奄美のしずく
    奄美のしずく
    1本 100ml
    \300円
    喜界島・新糖
    岩田商店黒砂糖新糖
    \350円
    喜界島・生ざらめ
    岩田商店ザラメ 500g
    \188円
    島バナナ
    無農薬完熟
    島バナナまるごと
    \4,500円

    1kg 約900円
    濃縮マンゴー
    奄美生搾り
    濃縮タイプ
    マンゴー
    MANGO
    \1,050円
    濃縮たんかん
    奄美生搾り
    濃縮タイプ
    タンカン
    TANKAN
    \1,050円
    生ゴマ・白ごま・胡麻
    喜界島産生ゴマ
    500g \2,000円
    100g \500円
    喜界島・新糖
    喜界島産純黒砂糖
    300g*4袋
    送料込み
    \1,980円
    喜界島・新糖
    喜界島産純黒砂糖
    300g*2袋
    送料込み
    \1,280円
    喜界島・生ざらめ
    喜界島産ざらめ
    500g*5袋
    送料込み
    \1,480円
    その他
    おすすめ商品は
    こちら。
    完熟たんかん
    喜界島産完熟
    たんかん
    3.5kg \2,500円

    5kg \2,800円

    10kg \4,500円
    けらじみかんのうた
    けらじみかんのうた
    ながしまみのる:さく
    \1,000円


    ちばりよ
    ちばりよ
    doki doki ドキドキ
    \1,000円

    2009年7月22日(水)午前11前くらいから観測される皆既日食。
    日本で、皆既日食が観測できるのは、奄美大島の北部・喜界島・屋久島・種子島の南端・トカラ列島・硫黄島・北硫黄島・南硫黄島といった東シナ海に浮かぶ島々のみ。
    その中でも悪石島では、6分25秒。
    喜界島では、1分41秒。(午前10時57分ごろ~10時59分ごろ)

    ビジネスホテル林では、宿泊の予約を承っております。 林ホテルの紹介
    電話 0997-65-1860 もしくは 0997-65-1860 へ。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    昔ながらの農村で見つけた心温まる空間

    昔ながらの農村で見つけた心温まる空間
    2009年2月14日
    筆者 ネパール・秡川圭代 家族のホッとスポット

    木で作られた「カート」。家によってスタイルはまちまち。大人はのんびり、子供たちには遊び場、お昼寝の場

    床から生えているようなネパール風「かまど」。いつも火種があるので、お茶や食事の時間になると人が集まる。

    家の入り口前の土間。ござを敷いて、食事の支度をすることが多い。石臼が作り置きされてある家では、穀物の粉をひくなど様々な作業の場になる

    梁に紐を下げて作った子供たちのブランコ。「日本にもブランコある?」
     ネパールといえばヒマラヤ。そのイメージから「寒い国」と思われがちだ。しかし、標高1350メートルのここカトマンズは、日本でいえば鹿児島県の奄美大島と同じ緯度にあり、意外と温暖で冬でも過ごしやすい。カトマンズでは暖房器具のない家庭も多く、日中は日向ぼっこで体を温め、早寝早起きで短い冬を乗り切る人が大半だ。

     カトマンズなどの都市部では、鉄筋コンクリートとレンガの家が主流となってきた。ところが街をすこし離れると、石積みの壁に木の床組、それに泥を塗った昔ながらの民家が目に入る。たいていの場合、家が地面より一段高くなっており、入り口の前には土間のような空間と「カート」と呼ばれるスペースがある。家に出入りする際に必ず通る場所だけあって、一日中そこで何かをし、人が自然と集まる。来客があってもそこでおしゃべりし、作業もそこでやってしまう。

     カトマンズから約30キロ離れたヌワコット郡のチャトラーレ村も、そんな民家が数多く残る農村である。ネパール人の夫の実家があるその村を歩く。木組みで作られたカートは、男たちの一服の場であり、ゴロンと横になれる場所でもある。また、子供たちはおやつを食べ、お昼寝をする「くつろぎ」の空間だ。一方、すぐ下の土間では、女たちが食事の下ごしらえをしたり、収穫したものを干したりと忙しい「作業」のスペース。脇には子供用に作った簡単なブランコがぶら下げてあった。この隣り合わせの二つのスペースが家族や近隣の人たちとの集いの場となっている。

     日が暮れて、闇とともに冷たい空気が降りてくると、今度はかまどのそばが集いの場となる。「ゴバル・ガス」と呼ばれる牛糞から作るエコロジーなガスが10年ほど前から普及しているが、このゴバル・ガスで調理をする家庭はまだ村の半数にも満たない。料理の時は薪をくべて、かまどで煮炊きをするが、そこが暖かくてまた自然と人が集まってしまう。2階や3階になると、かまどからの煙で目がしょぼしょぼしてしまうせいもあるのだろうが・・・。生まれて間もない子牛や子ヤギも、この暖かい部屋の隅につながれて、ジッと話に耳を澄ませている。静かな闇に響く、薪のはじける音と暖かい空気がストーブ代わり。家族みんなの楽しい会話で疲れを癒やし、食事をして一日が終わる。

     便利な生活とはかけ離れた農村の生活。だが、そこには私たちが忘れつつある暖かい空気と時間が流れているように思う。

    スポンサーサイト

    comment

    Secret

    FC2アフィリエイト

    FC2アフィリエイト

    プロフィール

    iwtshop

    岩田商店・ビジネスホテル林
    喜界島の岩田商店とビジネスホテル林のブログへようこそ!

    リンク
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    FC2カウンター
    FC2アフィリエイト
    アフィリエイト・SEO対策
    全ての記事を表示する

    全ての記事を表示する

    QRコード
    QRコード
    FC2ブログランキング

    FC2ブログランキング

    FC2ブックマークに追加する
    FC2ブックマークに追加
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブックマーク

    はてなに追加
    MyYahoo!に追加
    del.icio.usに追加
    livedoorClipに追加

    ブックマークプラス by SEO対策

    ブログランキング

    FC2ブログランキング

    ランキング
    ブログ内検索
    RSSフィード
    FC2アフィリエイト
    予約宿名人
    小さな天気予報

    鹿児島県-名瀬
    提供:釣り情報フィッシングラボ

    edita.jp【エディタ】
    人目のお客様。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。