岩田商店おすすめ品

    ホテルの予約はお電話で!!
    0997-65-1860
    お待ちしています。
    喜界島・朝日
    朝日30度1800ml
    \2,130円
    南の島の貴婦人
    南の島の貴婦人
    44度300ml
    \2,100円
    壱乃醸
    壱乃醸 25度 720ml
    \1,750円
    飛乃流
    飛乃流 25度 720ml
    \1,650円
    陽出る國の銘酒
    陽出る國の銘酒
    2001
    44度360ml
    \3,000円
    喜界島オリジナルTシャツ
    喜界島オリジナルTシャツ
    喜界島オリジナル
    Tシャツ
    M,Lサイズ
    2,200円
    喜界島30度
    喜界島30度1800ml
    \2,070円
    由羅王
    由羅王25度1800ml
    \2,250円
    伝蔵
    伝蔵 30度 1800ml
    \2,070円
    せいら 金・銀
    せいら 金・銀セット
    \2,230円
    奄美のしずく原液
    奄美のしずく
    原液 900ml
    \12,800円
    奄美のしずく
    奄美のしずく
    1本 100ml
    \300円
    喜界島・新糖
    岩田商店黒砂糖新糖
    \350円
    喜界島・生ざらめ
    岩田商店ザラメ 500g
    \188円
    島バナナ
    無農薬完熟
    島バナナまるごと
    \4,500円

    1kg 約900円
    濃縮マンゴー
    奄美生搾り
    濃縮タイプ
    マンゴー
    MANGO
    \1,050円
    濃縮たんかん
    奄美生搾り
    濃縮タイプ
    タンカン
    TANKAN
    \1,050円
    生ゴマ・白ごま・胡麻
    喜界島産生ゴマ
    500g \2,000円
    100g \500円
    喜界島・新糖
    喜界島産純黒砂糖
    300g*4袋
    送料込み
    \1,980円
    喜界島・新糖
    喜界島産純黒砂糖
    300g*2袋
    送料込み
    \1,280円
    喜界島・生ざらめ
    喜界島産ざらめ
    500g*5袋
    送料込み
    \1,480円
    その他
    おすすめ商品は
    こちら。
    完熟たんかん
    喜界島産完熟
    たんかん
    3.5kg \2,500円

    5kg \2,800円

    10kg \4,500円
    けらじみかんのうた
    けらじみかんのうた
    ながしまみのる:さく
    \1,000円


    ちばりよ
    ちばりよ
    doki doki ドキドキ
    \1,000円

    2009年7月22日(水)午前11前くらいから観測される皆既日食。
    日本で、皆既日食が観測できるのは、奄美大島の北部・喜界島・屋久島・種子島の南端・トカラ列島・硫黄島・北硫黄島・南硫黄島といった東シナ海に浮かぶ島々のみ。
    その中でも悪石島では、6分25秒。
    喜界島では、1分41秒。(午前10時57分ごろ~10時59分ごろ)

    ビジネスホテル林では、宿泊の予約を承っております。 林ホテルの紹介
    電話 0997-65-1860 もしくは 0997-65-1860 へ。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    黒糖煮沸やめ 焼酎甘い香り

    黒糖煮沸やめ 焼酎甘い香り
    2009年03月25日


    「黒糖は煮て溶かすものと思っていた」。新商品を前に、新たな製法に話が弾んだ県工業技術センターと酒造会社の記者会見=県庁

     黒糖の風味をもっと濃く引き出しながら酒造りの労力と経費を削る。そんな一挙両得の黒糖焼酎の新製法を県工業技術センターが開発した。発想は単純だ。これまで煮て溶かしていた黒糖ブロックを固まりのまま、もろみにドボン。「黒糖についた雑菌を処理する」として連綿と続いていた煮沸工程の意味を疑い、煮る際に逃していた独特の甘い香りを取り込むようにしたという。(寿柳聡)


     「そんなので、黒糖がちゃんと溶けるのかな」
     杜氏(とう・じ)歴20年を超す奄美大島酒造の竹山茂機さん(57)は当初、県工業技術センターによる新製法の開発に半信半疑だった。
     現場では発酵したもろみに加える黒糖をまず、煮て溶かしていた。1個の重さが3キロの黒糖ブロック。それを数十個から数百個投入しながら、煮立ったかまをかき混ぜるのは重労働だった。
     さらにこうじ菌を殺さないようにするため、溶液を一昼夜かけて冷却水で冷ます必要があり、忍耐も求められた。
     「黒糖らしい味わいや香りがもっとある焼酎を」
     そんな消費者や作り手の要望を受け、センターは06年度に新製法の研究に着手。担当者はまもなく、煮沸工程で工場に充満する黒糖の甘い香りに気づいた。「この香りを逃し続けるのは非常にもったいない。煮沸をやめればどうなるだろうか」
     煮て溶かすのは、黒糖ブロックに付着した雑菌が酒造りに悪い影響を及ぼすのを防ぐためだ、とされてきた。が、近年の焼酎造りでは衛生管理が改善され、黒糖を殺菌する必然性が乏しくなっている。もろみに直接投じても、まる1日もあれば溶けることも確認した。
     ブロックを砕かず、固まりのまま投入した方が沈殿せず、溶けやすいことも分かった。煮沸工程を省くことで、酒造りの燃料を2割ほど削減することができるという。
     黒糖焼酎を造る県内27社のうち7社が研究に協力した。奄美大島酒造は、この製法の焼酎を蔵元や卸・酒販の加盟店と愛飲家でつくる「日本名門酒会」に納め、同会から「奄美夢幻」原酒(1・8リットル、7900円)として11月に発売された。新納酒造(知名町)も「天下無双」(500ミリリットル、940円)を発売。「香りがよく、おいしい」と好評を博している。
     生で使うぶん、黒糖の品質に目配りする必要がある。センターの担当者は「黒糖焼酎の味わいの幅が広がり、消費拡大につながる」と期待している。
    スポンサーサイト

    comment

    Secret

    FC2アフィリエイト

    FC2アフィリエイト

    プロフィール

    iwtshop

    岩田商店・ビジネスホテル林
    喜界島の岩田商店とビジネスホテル林のブログへようこそ!

    リンク
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    FC2カウンター
    FC2アフィリエイト
    アフィリエイト・SEO対策
    全ての記事を表示する

    全ての記事を表示する

    QRコード
    QRコード
    FC2ブログランキング

    FC2ブログランキング

    FC2ブックマークに追加する
    FC2ブックマークに追加
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブックマーク

    はてなに追加
    MyYahoo!に追加
    del.icio.usに追加
    livedoorClipに追加

    ブックマークプラス by SEO対策

    ブログランキング

    FC2ブログランキング

    ランキング
    ブログ内検索
    RSSフィード
    FC2アフィリエイト
    予約宿名人
    小さな天気予報

    鹿児島県-名瀬
    提供:釣り情報フィッシングラボ

    edita.jp【エディタ】
    人目のお客様。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。